ED,対策,原因

女性から見たED


EDは男性の深刻な悩みであるとともに、女性にとっても重要な問題です。

 

実は悩んでいる人がめちゃくちゃ多いED

EDで悩んでいる男性はとても多く、現代病と言ってもいいくらいでしょう。
そのせいか、加齢や生活習慣病、心因性と言ったEDの原因については皆さん広く認知されています。
ところが、いざ自分のこととなると、パートナーがEDかどうかわからない女性が大半だと思います。
実は私の周りにも、セックスの途中で彼氏や旦那さんのペニスが中折れしてしまい悩んでいるという女性が少なくありません。
しかし彼女たちは相手に原因を尋ねることもできず、仕方がないとあきらめ気味の人がほとんどなのです。

 

セックスレスになったある女性は、旦那さんの浮気を疑っていましたが、実は彼はEDだったと後からわかりました。
自分がセックスを求められなくなったことに対して、自分に女としての魅力がなくなったのか?などと、原因も聞けずに悪い方へと想像を働かせるばかりだったのです。
女性ならではの複雑な感情ですよね。

 

EDは二人の問題です。
愛している男性からEDだと正直に告げられたならば、きっと女性は受け入れて理解してくれるでしょう。
もしもあなたがパートナーに内緒にしているならば、勇気を出して打ち明けてみませんか?
そして専門の医院で相談して、適切な治療に取り組んでみましょう。

EDは二人の問題


実はペニスでオーガズムを得られる女性は少数派になります。
つまり、たとえ勃起が不十分だったとしても、女性が満足できるセックスは十分可能だと言う事です。
EDになったからといって、セックスから遠のくという選択肢しかないわけではありません。

 

 

一方で「家庭内ED」というケースもあります。
これは本来はEDではないのに家庭内に限ってEDになってしまうというものです。
早い話が、よその女性となら勃起するのに、奥さんとは勃起しないというケースのこと。
これは妻にとっては耐え難い事態ですが、これにうなずく男性は多いはずです。
これは本当にEDかと思われそうですが、妻とはセックスができない以上「家庭内」という限定つきのEDと言わざるを得ないでしょう。

 

こういった場合も勃起・挿入にこだわりすぎることが原因になっているとも考えられます。
セックスレスの予防にもなりますから、セクシャルなスキンシップゼファルリン 最安値は意識して続けるようにしましょう。
そのためには常日頃から、肌の触れ合いを欠かさないこと。
マッサージでもいいですし、手をつなぐことも良いでしょう。
また、長年の間に定着してしまった勘違いセックスをリセットしてみてはいかがですか?
様々なやり方を二人で模索するのもいいのではないでしょうか。

 

EDは基本的にはどんなカップルでもいずれ向き合う問題です。
年齢を重ねていく以上避けられない問題なのです。
ネガティブに考えすぎずにオープンな心持で向かい合ってみましょう。