ED,対策,原因

EDの定義と原因

 

正しいEDの定義

よく誤解されていますが、ED(勃起不全)の定義は「勃起しない」ことではありません。
正しくは「自分および相手を満足させるための勃起が十分に得られない」ことを指すのです。
したがって、勃起してマスターベーションができるからと言って、EDではないという証明にはなりません。

 

マスターベーションができても、実際のセックスで相手を満足させるだけの勃起に至らないこともあります。
まずはちゃんとセックスの際に挿入できるかどうかがED診断の一つの目安となります。
さらに、挿入できたとしても途中で萎えてしまう「中折れ」もEDと言えます。

 

さて、そのEDの原因とはどういったものがあるのでしょうか
一つは「心因性」です。
これは心理的なストレスなどによって発症するものですが、一時的な症状であり、ED治療薬で治療可能なケースが多いとされています。

 

もう一つの原因は「器質性」と呼ばれ、
これは生活習慣病などの疾患が原因で引き起こされるもので、50歳以上のEDは器質性の可能性が高いと言われています。

 

EDの原因追究


それではなぜEDが起こるのでしょうか
それを知るためにはまず勃起のメカニズムを理解しましょう。

 

性的刺激で脳が興奮すると、脊髄を通じて信号がペニスの勃起神経に届き、
血管拡張物質が放出されてペニス内の血流がどんどん増えていきます、これが勃起です。
つまり勃起するために重要なのはゼファルリン 最安値神経と血管であるため、血管の障害も勃起不全を引き起こすのです。
そのため、中高年男性におおい動脈硬化がEDの大きな原因になるのです。
ペニスの血管はとても細いため、動脈硬化の影響が一番に出ることが確認されています。
実際、ED治療の過程で糖尿病や高脂血症などが発見されるケースは多いです。
EDはいわば生活習慣病のアラームなのです。

 

また、いわゆる朝勃ちが見られなくなって「自分はEDかも」と考える男性も多いですが、
朝だちの有無だけではEDかどうかを判断することはできません
ただ、朝だちの減少が勃起力の衰えの兆候であることは否定できません。
しかしすぐにEDと結びつけることもできないのです。